二枚爪のケアにおススメの「ツメリッチ リペア」はこちらからどうぞ!

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!

ボロボロ、カサカサ、乾燥による薄い爪はなぜ、繰り返すのでしょうか?

長期間、爪トラブルを繰り返している場合、 爪の内側が乾燥している「インナードライネイル」の可能性が高いんです!

でも、「インナードライネイル」って何?

爪は、爪の下の皮膚「爪床(そうしょう)」から水分を補給しており、弾力とツヤがある爪には通常12〜16%の水分が含まれています。


爪床は70%がコラーゲンでできています。
コラーゲンの保湿効果で爪床には水分が常にキープされ、爪を乾燥から守っています。
このコラーゲンをサポートしているのが「ケイ素」という成分です。


このケイ素が不足していると、コラーゲンの力が弱くなり、水分補給がうまくできず、爪内部の水分不足(インナードライネイル)になってしまいます。


インナードライネイルになると、爪の主成分である「ケラチン」が流出し、水分や油分が保持できない爪になります。

そこで、浸透型ネイルエッセンス『ツメリッチ リペア』が必要になってくるのです。爪の周囲を保湿して潤いを与えるキューティクルオイルや、爪の表面に塗って保護する補強液(ハードナー)とは違い、爪の保護成分を直接浸透させ、爪そのものをしっかりと、しなやかにして、潤いを与えてくれます。

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!


「ツメリッチ リペア」の特徴について

「ツメリッチ リペア」は、

・キューティクルオイル→爪の周囲を保湿して潤いを与える
・ハードナー→ 爪の表面に塗って保護する補強液

とは違い、爪の保護成分を直接浸透させ、 内側から爪を補修×保護×保湿する栄養浸透液です。

マニュキア、ジェルネールを毎日楽しんでいる女子には最強のネイルケア商品です。爪の気になる「乾燥」。いくらキューティクルオイルやクリームで周辺や表面を保湿したり、爪の補強液を塗ってもカサつきはとれません。そのうち、弱い爪になってしまいます。

そんな弱い爪に対して、毎日、マニュキアやジェルネイルをするのは大変危険行為です。







そこで浸透型ネイルエッセンス「ツメリッチ リペア」は栄養浸透型なのでインナードライケアに特化したネイルケアができます。

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!


健康管理士・専任アドバイザーにお電話でいつでも相談できます!


主な相談内容

いつ使ったらよいですか?
→「就寝前」と「日中」の1日2回を目安にご使用下さい、日中は水作業後や乾燥が気になった時のご使用をおすすめします。

1回の目安量はどのくらいですか?
→全体に液がうっすらと塗られているかんじがよいです。


マニキュアやネイルアートをしたまま使用できますか?
→『ツメリッチ リペア』の力を最大限実感いただくため、マニキュアやネイルアートをしていない地爪にご使用ください。
やむを得ず、マニキュアやネイルアートをしたまま使用する場合は、爪の根元や爪と皮膚の間を中心に塗ってください。

足の爪にも使えますか?
→はい。ご使用いただけます。

どのくらいの期間使用したら実感できますか?
→個人差はございますが、早い方で2週間程度、多くの方は1ヵ月程度で、保湿されているのを感じられたり、爪がしっかりしてくるなどの変化を実感いただいております。

ハンドクリームは使ってもいいですか?
→はい、ご使用いただけます。先に『ツメリッチ リペア』を塗り、完全に乾いてから、ハンドクリームをご使用ください。

消費期限は?
→未開封で2年となります。開封後はお早めにご使用ください。

全成分は何ですか?
→水、エタノール、ジメチルスルホン、BG、ヒドロキシプロピルキトサン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、アーモンド油、ホホバ種子油、シア脂、トコフェロール、アルガニアスピノサ核油、アボカド油、酸化亜鉛、スギナエキス、エチルヘキシルグリセリン、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

普通の爪のケアはどうすればいいですか?
→爪の長さを整える際は、爪切りを使用すると、爪に負担がかかりやすいため、爪ヤスリを使用して整えていただくことをお勧めします。
なお、爪ヤスリはノコギリのように往復でかけると爪の負担になりやすいため、必ず一定方向に動かして整えてください。

また、やむを得ず爪切りを使用する場合は、入浴後などの爪が柔らかくなっている時にご使用ください。
爪の中心から切っていくのではなく、爪の端から中心に向かって少しずつ切っていき、極力爪にダメージを与えないようにしてください。
(使用後には爪ヤスリで整えることをお勧めいたします)

初めて使う時にプッシュしても液が出てこないんですが故障でしょうか?
→『ツメリッチ リペア』の容器は、内容物の乾燥を防ぐため、 初回使用時のみ出にくい設計となっています。
初回使用時は、数十回(10〜50回ほどを目安に)プッシュして筆先に液が染みだしてからご使用ください。

容器の構造上、プッシュしてから液が筆先に滲み出るまでに多少時間がかかる場合がございます。
一度に複数回連続でプッシュすると、多く滲み出ることがありますので、筆先を確認しながらご使用ください。

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!


「ツメリッチ リペア」の口コミは?




これまで爪を人前に出すのも恥ずかしいくらいでした。「ツメリッチ リペア」を塗るようになってから、家族に爪をみせつと驚かれるくらいツヤも出て健康的に。本当に嬉しいです。

20代、女性






ペンタイプで使いやすい容器が気に入っています。塗るとすぐ浸透して、ベタつきもありません。爪がダメージを受けにくくなり、伸ばせるようになりました。乾燥による縦縞にも期待しています。

30代、女性





爪が弱くいつも短くせざるを得ませんでしたが、「ツメリッチ リペア」を使うようになってから、伸ばしてもカサついたりダメージを受けにくくなり、マニキュアが楽しめるようになりました。周りにおすすめしたいです。

40代、女性

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!


爪の役割について

約50年万年前に地球上に住んでいたといわれる類人猿にとって、爪は生活をするのに大変重要な役割を担っていました。

その当時、爪は身を守る武器や獲物を確保したりするための、強くて鋭い原始的な生活に適したパーツでした。

長い歳月をかけ、今の人間の爪の形になったのですが、自由に動く10本指を持つ人間は、私たちの著しい社会の発展に貢献しています。それは、獲物を獲る上での武器の役目や、作物を作り出す作業をする時の工具など、しなやかな指先は人間の文化向上に大きな役割を果たしてきたのです。

ですので、爪は大切な皮膚の付属器官とされています。皮膚には、知覚を司る末梢神経が分布しており、特に指先はそれが発達しており、細やかな神経、血管の集中する敏感な部分です。

爪は大切な指先を保護し、人間の持つ機能をさらに助ける役目を果たしている、皮膚の付属器官です。

しなやかに動く10の指を爪の力、そして人間の優秀な頭脳がすばらしい芸術を生み出し、細やかな仕事をこなしたりと、まさに人類の文明の発展に大きく貢献しているのです。

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!


爪に力(爪圧)ってあるの?

爪は皮膚の表皮層から爪母によって作られ、角質化したものです。爪は、表皮の角質層が3層に変化したもので、この3層の薄い層の間に最低限の水分と脂肪(0.15〜0.75%)を含んでいます。

爪に水分は12〜16%で、季節や環境、年齢によって異なります。また爪は加齢的変化で、より厚みを増して、成長スピードが遅くなる傾向にあります。

また季節的な変化では、冬よりも夏の方が早く延びます。健康的な成人の爪の成長速度は1日約0.1mm だといわれています。

次に、「爪圧」についてですが、爪には圧はあるのでしょうか?答えは、あります。この「爪圧」があるので、物を正確につかんで持つことができるのです。

骨は、指先の先端まで届いていません。指先に向かって骨は非常に細く、爪の下の中心部で終わっています。

ですので、爪がなくては、指の腹に加えた力をハネ返すには不完全です。

爪の支えにより、小さいものをつかむ、薄紙を持つ、ペンで小さな字を書くことができます。

それは、指の腹にくわえた力が、爪にとどき確実にハネ返すからです。爪が力をしっかりと受け取ることを「爪圧(そうあつ)」といいます。足は爪の働きにより体を支え、安定させているので、バランスよく立つことができるのです。

二枚爪のケアに持ち運び簡単な「ペン型」「ツメリッチ リペア」をどうぞ!


ひまわり証券でFXを